| main | 猫ブログリンク >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ネコ(猫、学名:Felis silvestris catus)は世界中できわめて広く飼われている食肉目の小型動物である。元来、ネズミを捕獲する目的で人に飼われ始めたといわれている。 広義には、「ネコ(ネコ類)」とはネコ科動物(Felidae)の総称である。ネコという単独の語がこの意味で使われることはあまりないが、「Felis silvestris catus」という亜種レベルの「ネコ」を指すことを強調したいときは、特に「イエネコ」ということもある
学術的な分類では、狭義のヤマネコ(silvestris)の一亜種とされる。

概要
体の大きさはネコ科の他のほとんどの動物に比べて小さい。体重は2.5〜7.5kgの範囲に収まるものが多い。大型のものでは、体長75cm、尾長40cm、肩高35cmに達する。 待ち伏せ型の捕食者としての能力に長け、そのためのさまざまな身体的特徴をもつ。体はきわめて柔軟であり、鋭い爪や牙、瞬発力をもつ。足音は非常に小さく、体臭も少ない。イヌ科の動物と異なり、爪を自由に出し入れできる。また、平衡感覚が非常に優れている。

ネコの「ゴロゴロ(purr)」とのどを振動させて鳴らす音(他のネコ科動物にも見られる)は、どのようなメカニズムによるものかは、複数の説があり、いまだにはっきりとはわかっていない。この「ゴロゴロ」という音は、親子間のコミュニケーションにも用いられるが、骨折などの骨の損傷が治癒するのを早める効果があるという説もある。ヒトの場合も、超音波を用いた骨折の治療法が研究されており、それと同じものであると考えられている。

ネコの身体のバランスは、ちょうど人間の赤ん坊に似通っており、そのため人間はネコを見て本能的に「かわいい」と思うと言われる。これは、生まれたときにすでに親と同じ姿・かたちで生まれてくる生き物とは異なり、子育てをする生き物(鳥類や哺乳類)が持つ共通の母性本能である。また、ネコは眼が顔の前面にあり、また、眼による感情表現が多様であることから、共通の身体的特徴を持つ者として本能的に親近感を持つとも言われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

  • 2007.09.04 Tuesday
  • -
  • 06:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/06/30 8:30 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/10/04 11:14 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/05/05 11:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM